top of page

中教審特別部会「審議のまとめ(素案)」に対して、全日本教職員組合は書記長談話「これでは長時間過密労働は解消できない!」を発表しました。

↑くわしくは画像をクリック

​(「教育・教育条件」のページへ移動)

全教は、3月4日書記長談話「奈良教育大学附属小学校の教育課程への乱暴な介入について」を発表。豊かな教育実践を踏みにじる教育課程編成権への不当な介入、同意のない強引な「出向人事」等、不当な攻撃を許さないとりくみをすすめます。https://zenkyo.jp/opinion/10597/

宮津市立養老小学校を今年4月から別の小学校に統廃合する、と宮津市教委は今年1月13日に保護者・住民に一方的に通知しました。あまりに性急だと市内外から多くの批判の声が上がり、私たち京都教職員組合も現地与謝教職員組合と共同し、府内の各教職員組合や民主団体にも呼びかけて、宮津市教委に統合の延期と保護者・住民との協議の継続を求める声を集中しました。

しかし、せめて1年延期してほしいとの保護者・住民の請願を、市議会総務文教委員会は昨日「不採択」とし、養老小を廃校する条例案を可決してしまいました。

養老小学校の子どもたちの思い、ねがいをたいせつにするために、私たちは今後も取り組みをつづけます。

採用試験突破ゼミ2024のチラシをUP!

クリックで

画像拡大→

京都市の中学校給食「検討会議」が「センター方式が望ましい」との意見を確認したことに対して、京教組・京都市教組は、緊急声明を発表しました。すべての情報を公開し、あらためて市民的に議論することを求めています。
←「要望書・要求書・申入」のページへ

ウクライナ

第86回京都教職員組合定期大会を

2024年3月2日に開催しました。

DSCN1120.JPG

3月2日(土)、京教組は第86回定期大会を開催しました。

20代・30代の代議員の発言が多く、2人の新採教職員、2人の臨時教職員も発言に立ちました。病気で休む人が出ても代わりの教員が来てくれないことが普通になってしまっている職場の状況の中で、組合の仲間どうしで悩みを共有し合い、行政に改善を求めたり、時間外労働の短縮をはかったりしている経験が交流され、これからも組合を広げ団結をかためていく決意が語られました。

bottom of page